あざみだけど綾(あや)

男性だけにある前立腺という臓器は生育や働きに雄性ホルモンが密に関連しており、前立腺の癌も同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に刺激されて肥大化してしまうのです。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという性質があり、大気中のオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地表に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸を破壊するなど、皮膚にとって悪い影響をもたらしています。
なんとなく「ストレス」は、「無くすもの」「取り去らなければいけない」と判断しがちですが、その実、ヒトは大小のストレスを感知するからこそ、生活していくことに耐えられるのです。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が長い間継続すると、全身の血管に強い負荷がかかった結果、体中の様々な場所の血管にトラブルが起きて、合併症を誘発するリスクが高まります。
子どもの耳管の作りは、大人に比べて幅があって長さがなく、尚且つほぼ水平になっているため、雑菌が潜り込みやすくなっているのです。大人より子供の方が急性中耳炎に罹患しやすいのは、このためだと言われています。
毎日の規則正しい日常生活の継続、腹八分目の実践、楽しいスポーツ等、古臭いとも思える自分の身体への配慮が皮膚の老化防止にも関わっているのです。
道路交通事故や屋根からの転落など、かなり大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の場所に骨折が発生したり、開放骨折になってしまったり、重症の場合は内臓が破裂してしまうこともあるのです。
真正細菌のひとつである結核菌は、菌に感染している人がゴホゴホと咳き込むことで内気に散り、空中でフワフワ漂っているのを別の誰かが吸い込むことにより拡がっていきます。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了した4週間後には、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わるようなクスリもある位、ジェネリック医薬品後発医薬品)は世界に知られているのです。
婚活パーティー 新潟市
塩分や脂肪の摂取過多をやめた上で運動に努めるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない毎日を意識することが狭心症を招く動脈硬化を予め予防するポイントなのです。
暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、日々のストレス、老化といった複数の原因が絡むと、インスリン分泌が減少したり、働きが鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病ICD-10:E11)に罹患することになります。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失われた後に市場に出回る、等しい成分で負担分の小さい(薬の代金が安い)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
学校のような大規模な集団行動の中、花粉症の為にクラスの友達と一緒にエネルギッシュに運動ができないのは、子どもにとっても辛い事でしょう。
AIDS(エイズ)というのはHIV(human immunodeficiency virus)の感染によって起こるウイルス感染症の事であって、免疫不全を引き起こし些細なウイルスなどによる日和見感染や悪性腫瘍等を発病してしまう症候群そのものを称しているのです。
多機能な肝臓に脂質やコレステロールが多く付いた脂肪肝という病気は、動脈硬化や糖尿病等々多種多様なトラブルの元凶となるかもしれないのです。